So-net無料ブログ作成

となりのトトロ 都市伝説 検証画像 [となりのトトロ 都市伝説]

スポンサーリンク




ジブリの名作となりのトトロに都市伝説が存在するのは知っていますか?

ちょっと怖い内容も含まれますので、

お子様は見ないでね!!

と、前置きをしたところで、

早速、となりのトトロに都市伝説を検証してみたいと思います。

私自身、なるほどと思ってしまった部分がありますので、

最後まで読んでみてください。




まず都市伝説の内容ですが、主にこの3つですね。

●さつきとメイは映画の途中で死んでしまっている

●となりのトトロは実在の殺人事件に関係がある

●「生きていたらこうなっていて欲しかった」と想像して書いた小説が
『となりのトトロ』であり、父親が書いているのがその原稿


どうしてこんなことが言われるようになったかというと、いろいろ

違和感のあるシーンがあるんです。



・映画後半からさつきとメイの影がなくなっています。

 まさか書き忘れなんてありえないですよね。



・メイが行方不明になった時、に見つかったサンダル
家を出るシーンと見比べると、同じサンダルに見えます。

なのに、さつきは「メイのじゃない」と言っています。
これは、メイが死んでしまったと信じたくなかったのかもしれません。


・最後の病院のシーンでなぜさつきとメイは母親に会っていかなかったのか。
 ⇒もう既に死んでしまっているため。と想像

・母親が木のあたりで二人が笑ったように見えたといったのはなぜか。
 ⇒普通に考えてありえない状況。(もしかすると、病気のせいでかも知れませんが。)


・1963年5月1日に埼玉県狭山市で起こった少女誘拐殺人事件
さつき(五月)とメイ(may)は共に5月を表している


姉妹の妹が誘拐され、姉が探したが、
森の中で妹が亡くなって発見されたという事件。

この事件で精神的に不安定になっていた姉は、警察に

「猫のおばけ」、「大きなたぬきに会った」と言っていたとか。

ちょっとこれはうそ臭いですね。



ちょっと怖い感じになってしまいましたが、

スタジオジブリはこの都市伝説を完全に否定していますのでご安心あれ。

著作権の関係で画像は載せられません。

実際にもう一度DVDで確かめてみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。